2009年08月26日

訪米報告・最終回

P1010135.JPG最後にアメリカにおける平和主義の基盤についていったんを

かんがえてみたいと思います。何度も紹介した平和を求める退役軍人の会は次の

五つの目的を掲げています。

 ◇紹介しましょう。@戦争がもたらす人間の代償についての社会認識を高める

  A米国政府の海外紛争への武力介入をやめさせる。B軍拡の停止と核兵器の

  究極的廃絶、C退役兵と被害者への正義の実現、そしてD国家の外交手段と

しての戦争そのものの廃絶です。

 ◇VFPも IVAWも決して左翼主義の団体でも、いずれかの政党・政治団体の

  指導のもとに活動している団体でもありません。創設者のジャン・バリー氏は

  今は詩人として活動し、現議長のマイク・ファナー氏は作家でもあります。

  ここに流れる、徹底した平和主義、急進的民主主義の思想的流れがどのように

  湧き出し、どの様に継承されているのか、、これは興味がつきません。

  写真は、自らもベトナム戦争の体験者で、ドキュメント『ベトナム・ホロコース


  の製作者である、クレイ・クライバーン氏とのツゥーショツト

です。                          (木村 記)











マブイ・シネコープ

Tel・Fax 06-6786-6485

(MA)mabui1101@nifty.com

(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/
posted by マブイシネコープ at 12:23| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

帰国後のアーロン・訪米報告F

新企画@.bmpAaron3.bmpトレーニング・ディレクターで飛び回っている

アーロン。四日目の昼休み、それもすぐ午後のプログラムがはじまろうか

という時話をきくことができた。

 ◇アルビルから帰ってのアーロン。まずシカゴ支部の『帰還兵士』という

  機関誌にあたるパンフレットに『謙虚であること』というタイトルで長文

  の感動的に報告を書いた。非常に大きな反響があつたと彼は言う。そして5月末

には、報告集会。ここには400人が集まったとのこと。今後の取り組みを聞くと、

10月にイラク労組リーダーをまねいて、シカゴからニューヨークまでのスピーキン


  ツアーを計画中とのこと。イラクとの連帯が、2年前ぐらいでは想像できない

くらいにドンドン進展している。            (木村 記)



                          

 





マブイ・シネコープ

Tel・Fax 06-6786-6485

(MA)mabui1101@nifty.com

(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/
posted by マブイシネコープ at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

アーロン・ヒューズ君に再会・訪米報告E

新企画@.bmpAaron.bmp大会初日、ひときわ長身の彼が入口にはいって来ただけでそれとわかる。

五ケ月ぶりの再会なのだが、ズツト彼の映像を見続けてきたので、昨日まで

あっていたような気持ちになる。自分の表情が大きくアツプされた上映会

チラシを見せると、しきりにテレていた。





マブイ・シネコープ

Tel・Fax 06-6786-6485

(MA)mabui1101@nifty.com

(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/




posted by マブイシネコープ at 11:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

IVAWのトレーニング・コース

新企画@.bmp IVAW girl.bmpなんといっても一番感心したのは、独自の『組織化トレーニング』の

ノウハウと体制をもみつていること。

 ◇参加者の顔触れでは、やはりシカゴ支部の参加者がおおかった。

  『五年目の反戦運動』にでてくるクリス・アーデント君もきていた。

  セン高校の話をするとビックリしている。レイバービートの作品情報は

  非常にやくにたった。(木村 記)



マブイ・シネコープ

Tel・Fax 06-6786-6485

(MA)mabui1101@nifty.com

(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/




posted by マブイシネコープ at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

IVAW議長と会う

新企画@.bmpMejina.bmp今回はIVAWについて。IVAWの結成は2004年7月のVFPの大会の場。発足時の

メンバーは8人だつたとか。それから足かけ5年の今、IVAWは全国48州に、

海外もいれて61支部を持ち、会員は約1700人の組織に成長している。9人の全国運

営委員を選出し、議長を追いしている。この総会までの議長が、べネズエラ出身の

カミーロ・メヒナ君。彼はイラクへの再派遣を拒否した一人目の兵士で、一年間軍刑
務所に

拘禁されていた経歴をもつ。結成時のきびして闘いが伝わってきた。

                               (木村 記)







マブイ・シネコープ

Tel・Fax 06-6786-6485

(MA)mabui1101@nifty.com

(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/
posted by マブイシネコープ at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

アレンドンド夫妻

P1010133.JPG写真はは、コスタリカ生まれのカーロス・アレンドンドさん。

息子のアレクサンダー君は04年8月、20歳で死亡。その後この夫妻は

『見よ、このひつぎを』作戦と名ずけて、トレーラーの息子の遺影、遺品を

積んで全米各地を自力でキャンペーン行動をしています。

悲しみと葛藤を潜り抜けながら、多彩な反戦行動が深く各層に広がって行って

いることを感じさせる分科会でした。(木村 記)

マブイ・シネコープ

Tel・Fax 06-6786-6485

(MA)mabui1101@nifty.com

(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/
posted by マブイシネコープ at 14:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

平和を求める退役軍人の会の立場

P1010130.JPG報告を続けます。VFP大会でまず目をひいたのは、海外代表の発言でした。

RAWAの代表が現地から招かれていました。これまでアメリカの反戦集会には何度が

参加してきましたがアフガニスタン現地からの発言は、私が経験する限り始めてし
た。

 ◇今回はVFPの紹介の二つ目として、マイケル・マック

ファーソン事務局長(写真 UFPJ共同議長)の、歓迎発言の一節を下記に付け加えて

おきます。



 ◇『戦争の真の姿を目に見えるものにし、かたられることのないストーリーを人々
に語り継ぎ、

心によびさますこと。これこそ平和を求め、正義を希求する私たちが常にやり続けな
ければ

ならない仕事なのです。いついかなる時でも、この国のどの町であろうとも、そして
誰が

大統領であろうとも』                        (木村 
記)



マブイ・シネコープ

Tel・Fax 06-6786-6485

(MA)mabui1101@nifty.com

(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/
posted by マブイシネコープ at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

VFP大会を取材

P1010118.JPG8 月4 日から10日まで、IVAW年次総会の取材を主目的にアメリカを再訪しました。

 ◇会場はワシントン郊外の、メリーランド州立大学。訪問してわかったことは、集
会全体は

  VFP(平和を求める退役軍人の会)の第24回総会として開催運営され、IVAWは、い
わばその

  青年部として全員集会を開催するという構成になっていたことでした。ここから
もIVAWの

  設立背景を知ることができました。全体で約300人が参加、最初の二日間が開会
集会と合計

  42回のテーマ別ワークショツプ、三日目が各団体ごとの全員集会というプログラ
ム。ワーク

  ショツプはテーマによってVFPが、あるいはIVAWが、そして GSFP(平和のための
軍人遺族の会)

  MFSP(声を上げる軍人家族の会)が担当する形で運営されており、ここからもVFP
が主体になって

  軍人軍属関係者を反戦運動に組織してきたという背景をうかがい知ることができ
ました。VFPは

  ベトナムからの完全撤退の10年後、当初8人の帰還兵で結成され、それから24年
現在は約8000人

  をそしきしているとのこと。

                                      
 (木村 記)









マブイ・シネコープ

Tel・Fax 06-6786-6485

(MA)mabui1101@nifty.com

(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/
posted by マブイシネコープ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

09全交を取材

IMGA0590.JPGこの四日間は、横浜開かれた平和と民主主義を目めざい全国交歓会を

学生のボランティアスタッフとともに共同取材。イラクの市民レジスタンイス運動と

アメリカの反戦労働運動、イラク帰還兵の運動がしっかりと連携をうちたて、それを

さらにステッフアップした全交でした。今後のイラク平和テレビ局in Japanの配信

報告ニュースを是非お楽しみに。http://peacetv.jp/

           木村 記







マブイ・シネコープ

Tel・Fax 06-6786-6485

(MA)mabui1101@nifty.com

(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/
posted by マブイシネコープ at 11:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。